愛知県名古屋市のブランディングで育てる
ECコンサルティング会社|アイヴィクス株式会社

アイヴィクス株式会社
  • お問い合わせ
  • 09026861091
  • twitter
  • twitter
  • facebook

ブランディングで育てるECコンサルティング会社|アイヴィクス株式会社

【Webマスター向け】AMP対応とモバイルファーストインデックスの関係性について

Blog

ブログ

投稿日:20171108 更新日:20171108 カテゴリー: ブログ , マーケティング , モバイルファースト

【Webマスター向け】AMP対応とモバイルファーストインデックスの関係性について

Googleは今後、PCサイトよりもモバイルサイトを基準にページを評価するという施策を発表しました。
検索結果を上位表示するための位置づけもモバイルサイトに委ねられるということになります。
これをモバイルファーストインデックスといいいます。
モバイルファーストインデックスは2018年ごろから導入されていく予想ですが、すでに導入されているWebページを高速表示するためのプロジェクトまたはそのためのフレームワーク、AMP(Accelerated Mobile Pages)との関係性はどのようになっているのかまとめましたのでご一読いただければと思います。

モバイルファーストインデックスとは

2018年ごろから導入予定のモバイルファーストインデックス。
これまで検索エンジンは、PCサイトを基準として、コンテンツ内容の質を評価していました。それをスマートフォンサイトを基準として再度評価するということです。
スマートフォンサイトないしレスポンシブ対応サイトがないと検索結果の上位表示は難しくなるのではないかと気にしているWebマスターの方もいらっしゃると思いますが、誤解を与えないように解説をしておきます。

PCサイトしかない場合でも、キーワード検索において親和性の高いサイトを検索上位から下げることはしない。
モバイル版が存在しない場合はパソコン版ページを引き続きインデックスに登録しつづける。(Gary Illyes氏)

のようですので、安心してください。
ただし、キーワード検索において親和性の高いとはどのくらいなのかが不明です。

モバイルファーストという考え方で構築されていますか?

AMPとは

モバイルファーストインデックスについて概要を理解いただけたと思います。
スマートフォンサイトが検索結果に大きく左右されるようになると、ただスマートフォンサイトだけを持っていれば良いのかということになりかねません。
そこで、他社と差をつけるための施策としてAMP(Accelerated Mobile Pages)を利用したいと思われているWebマスターの方も多いと思います。

このAMPという技術はGoogleが推し進めてきたプロジェクトですが、ページを読み込む時に、すでにキャッシュされており高速表示が可能になるわけです。
Googleだけではなく、twitterやアメブロでもAMPが対応されておりますので、他のWebサービスでも広がっていくのではないかと思っています。

AMP対応したら?

AMP対応モバイルサイト例
GoogleがAMP対応サイトだと判断するとAMP対応のラベルが付与されます。するとGoogle検索において優遇処置として優遇枠で表示される可能性もあります。優遇枠というのは、お手持ちのスマートフォンでGoogle検索から「ニュース」で検索した時に、カルーセルで表示される枠のことです。

モバイルファーストインデックスとAMPの位置関係

これまで2018年ごろから実施予定のモバイルファーストインデックスでは、PCサイトのコンテンツ評価よりモバイルサイトのコンテンツ評価し、インデックスに登録するとお話しいたしました。AMPは、モバイルサイトをAMP対応することでさらに上位表示の可能性があることもお話しいたしました。
では、モバイルサイトを持っていない場合、PCサイトをAMP対応すれば、モバイル対応と見なされるのかという疑問が湧いてきした。
確かに、AMP対応はモバイルサイトの高速化ですので、理論上はモバイル対応になるはずですが、

Gary Illyes氏の回答がtwitterにありました。

というようにPCサイトのAMP版は認められないという回答だったのです。

では次にPCサイト、モバイルサイト、AMP対応PCサイトの優位性はどうなるのでしょうか。
こちらの回答は、AMP、モバイル、デスクトップ、PWAの優先度についてで解説されていました。

モバイルサイトが存在せず、AMP対応PCサイトとPCサイトが用意されているサイトの場合、GoogleはPCサイトをインデックスする。もしもモバイルサイトもPCサイトも存在せず、AMP対応PCサイトが用意されている場合は、AMPをインデックスする。(引用:http://www.sem-r.com/news-2015/20170323092800.html

つまり、PCサイトをAMP対応にしたとしても無駄骨ということです。
モバイルサイトでスリム化した上でさらにスリム化を狙ってAMP対応することでこそ、メリットがあるのです。

まとめ

今回は、AMP対応を検討中のWebマスター向けの記事となります。AMP対応をする前にモバイルサイトを構築してSEO対策などをした後でAMP対応をするのが基本的な考え方です。AMP対応はあくまでもモバイルサイトをさらにスリム化するためのオプションであることも考慮しなければなりません。

愛知県名古屋市のブランディングで育てるECサイト構築専門Web制作会社|アイヴィクス株式会社

【Webマスター向け】AMP対応とモバイルファーストインデックスの関係性について

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アイヴィクス株式会社の最新記事をお届けします

無料レポート