愛知県名古屋市のブランディングで育てる
ECコンサルティング会社|アイヴィクス株式会社

アイヴィクス株式会社
  • お問い合わせ
  • 09026861091
  • twitter
  • twitter
  • facebook

ブランディングで育てるECコンサルティング会社|アイヴィクス株式会社

商品ページがユーザー体験の場となっていますか?

Branding

ブランディング

投稿日:20170613 更新日:20170802 カテゴリー: ブランディング

商品ページがユーザー体験の場となっていますか?

先にも述べた通り、満足度を高めることで最適なユーザー体験ができるとお話させていただきました。
購入商品が決まっている見込顧客には、上記のような対策が可能ですが、商品を検討している段階の人に購入行動を促すためには、商品ページのコンテンツが重要となってきます。
ただ、商品の写真が5,6点あり、商品説明文が乏しく見劣りしてしまうページの場合、見込顧客にとって最適な体験を促すことができるのでしょうか?
こういう商品ページをよく見かけますが、せっかく魅力的な商品でも商品を完全には訴求できておらず、たとえ見込顧客であったとしても別のサイトの別の商品へ離脱してしまう可能性もあります。
商品ページのコンテンツを充実させることは売り上げをあげるためにも重要で、
例えば、商品を使った感想が掲載されている、レコメンドアイテムが4,5点あるなど利用者が実際に使う場を想像させることができなけば購入にはいたらないでしょう。

愛知県名古屋市のブランディングで育てるECサイト構築専門Web制作会社|アイヴィクス株式会社

商品ページがユーザー体験の場となっていますか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アイヴィクス株式会社の最新記事をお届けします

無料レポート